指定のソフトで開く

Date:

ソフト(アプリケーション・プログラム)の「ファイル」>「開く」を利用すれば良いのですが、その他の方法を。

都度指定する Mac

簡単な方法は、開きたいアプリケーションのDockアイコンにドラッグ&ドロップです。
アプリケーションのウィンドウにドラッグ&ドロップしますと、アプリケーションで指定された動作になります。そのアプリケーションで開く場合もあれば、編集中のファイルへの付加操作になることもあります。

もう一つの方法は、ファイルを「control + クリック」もしくは副ボタンクリックして、「このアプリケーションで開く」でそのファイルを開けそうなアプリケーション一覧が表示されます。その中に目的のアプリケーションがあれば、選択して頂ければそのアプリケーションで開くことができます。
ない場合は「その他」をクリックして、全てのアプリケーションから選択します。
mac_of1
開きたいappファイルが選択できない場合は、「選択対象」を「全てのアプリケーション」にしてください。
「常にこのアプリケーションで開く」にチェックを入れておくと、それ以降そのファイルは選択したアプリケーションで開かれます。同じ拡張子の他のファイルには影響を与えません。
mac_of2

既定のアプリケーションの変更 Mac

設定したい拡張子のファイルを「control + クリック」もしくは副ボタンクリックして、「情報を見る」を選択します。
mac_of3
「このアプリケーションで開く」のアプリケーションを変更します。
プルダウン内にある場合はそのアプリケーションを選択します。ない場合は「その他」を選択し、全てのアプリケーションから探します。
開きたいappファイルが選択できない場合は、「選択対象」を「全てのアプリケーション」にしてください。

「すべてを変更」をクリックします。
mac_of4
「続ける」をクリックすると、同じ種類のファイル全てにアプリケーションの変更が適用されます。

プログラムから開く Win

開きたいファイルを右クリックし、「プログラムから開く」を選択します。
「プログラムから開く」にマウスカーソルを乗せた際に表示されるプログラムに希望するものがあれば、そちらを選択することで、そのプログラムで開くことができます。

プログラム一覧が表示されない場合は「プログラムから開く」を、表示される場合は「規定のプログラムの選択」をクリックします。
win_of1
一覧からプログラムを選択します。
「ほかのプログラム」が表示されていない場合は、右にあるマークをクリックすることで表示することができます。
それでも見つからない場合は、「参照」から直接exeファイルを探してください。

「この種類のファイルを開くときは、選択したプログラムをいつも使う」にチェックを入れておくと、規定のプログラムとして設定することができます。
win_of2
「OK」をクリックすると、選択しているプログラムで開きます。

段階:

関連項目: