DLしたappを開く(Mac)

Date:

Macでは、ダウンロードしたアプリケーションを使用しようとすると、「Mac App Storeからダウンロードされたものではない」ですとか、「開発元が未確認」だからと開けない場合があります。下図の様なメッセージが表示されます。
cant_open1
cant_open2
これは、悪意あるソフトから守る為のセキュリティーの一つなのですが、このままでは使用したい物も使用できませんので、使用できる様にします。

都度開く

control (commandではありません) を押しながら開きたいアプリケーションをクリックします。副ボタンの設定がされていましたらそちらでも。
「開く」をクリックします。
open_once2

警告画面が表示されますが、そちらから開くことができます。

もう一つ。
「システム環境設定」を開き、「セキュリティーとプライバシー」を選択します。
system_setting

「一般」の下の方に「○○は××のため、開けませんでした」のメッセージの横に「このまま開く」ボタンがあります。
open_once
○○の部分が開きたいアプリケーションであることを確認して、「このまま開く」を選択します。

そのまま開けるようにする

設定を変更して、開くことができるようにします。
セキュリティーを弱く設定し直しますので、そのことは念頭に置いておいてください。

まずは、「システム環境設定」を開きます。
Finderからですと、「アプリケーション」内にあると思いますので、探してください。
「セキュリティーとプライバシー」を選択します。
system_setting

「一般」の「ダウンロードしたアプリケーションの使用許可」を「全てのアプリケーションを許可」に変更します。
open_all
変更できなくなっている時は、左下の南京錠のマークをクリック→パスワード入力で変更できるようにします。
変更する時に、セキュリティー低下のメッセージボックスが出ます。そのまま許可してください。

以上の操作で、開く前に警告が出るものの、そのまま開くことができるようになります。
App Storeから入手したものは警告が表示されません。
open_alert

関連項目: