CSV読み込み2軍タグ化

プラグインですと、暗号化ファイルが扱えません。ビルドせずに確認できる点は楽なんですけどね。
変数の初期情報がそのまま入っているファイルが、丸見えというのはあれですので、暗号化に対応できるように2軍タグにしてしまおうと。

プロジェクトフォルダのSDK/an_sdk/com/fc2/blog38/famibee/AIRNovel/addition_script.asをこちらのファイルに置き換えてください。
別途、タグを入れている場合は、中身を追記してください。
これで、ant実行すれば暗号化されたファイルも扱えるようになります。
注意が2点。
まず、plgCSVを使用している場合、プラグインでタグを追加する際にエラーとなります。[loadplugin]をコメントアウトするなりしてください。
次に、そのままでは暗号化ファイルは全長を暗号化したものは使えません。LoadMng.asの60-61行目に全長暗号化対応拡張子の指定部分がありますので、使用する拡張子を追加してください。

 
追加されるタグの説明を。
[read_csv]:csv,tsv形式のファイルを変数に取り込む
fn=:取り込むファイル名。txt,csv,tsvのいずれかのファイル。
scope=:取り込み先の変数のスコープ。省略時はtmp
tab=:タブ区切りか。trueならタブ区切り、そうでなければカンマ区切り。拡張子での区切りの判断はしません。
line2name=:1行目、1列目を変数の名前として使用するか。falseならx,yの座標で取り込みます。

取り込み先の変数の名前は「ファイル名.x座標.y座標」です。

成績表, 国語, 算数, 理科, 社会
太郎, 100, 50, 80, 90
花子, 80, 90, 75, 65
次郎, 50, 75, 60, 80

上記のファイルが、「seiseki.csv」、で、[read_csv fn=seiseki scope=save]とした場合、
save:seiseki.0.0に「成績表」が、save:seiseki.2.3に「75」(次郎の算数)が入ります。
[read_csv fn=seiseki line2name=true]とした場合、
seiseki.国語.太郎に「100」が、seiseki.理科.花子に「75」が入ります。