過去記事 > タグ: 分岐

選択肢の色、下線

選択肢([link]から[endlink]まで)には、個別の色設定がある為、[lay]での色の設定が反映されません。
そこで、その色の指定方法です。

何も指定しない時の色は、

通常時

マウスオーバー時
クリック時

という設定になっています。
背景が白より黒の方がわかりやすい色でしたので、背景を黒くしました。

続きを読む→

複数の文字レイヤを扱う

複数の文字レイヤを作った場合に、.anファイルに打ち込んだ文字が表示されるレイヤ(標準文字レイヤ)の指定方法、他の文字レイヤに文字やボタンを表示する方法です。

まずは、標準文字レイヤの指定から。

AIRNovel:

  1. [current layer=]

[current]は標準文字レイヤを指定するタグです。layer=で標準文字レイヤにするレイヤを指定してください。

続きを読む→

ボタンいろいろ

ボタンがきちんとボタンとして反応するとき、そうでないときなどを。

 
まず、ボタンがきちんと反応する時を。
以下の条件が満たされているときです。
1.ボタンが見えていること。
2.ボタンの上に別の表示がかぶっていないこと(透明な画像でもNGです)。
3.ボタンの有効期限が切れていないこと。
4.ボタンのenabled=trueであること。
5.ボタン表示レイヤがマウスイベント有効に設定されていること。

続きを読む→

ボタン選択時のカーソルを変更

[link][endlink]に挟まれた部分にマウスカーソルが合うと、リンク時のカーソルになりますが、[button]では画像にマウスカーソルが合ってもそのままのカーソルが表示されます。
これを、[link]の時のようにリンク時のカーソルにする方法です。

この方法はan_sdk中のスクリプトに変更をかけます。
当方の環境で動くことは確認していますが、変更する際は各自の責任で行ってください。
また、AIRNovelのアップデートにより、変更する行が変わる可能性があります。

続きを読む→

キー操作を受け取る

右クリックをした場合の動作や、何かのキーを押したときの動作などを指示することができます。
「桜に樹の下には」でも右クリックやいくつかのキーに使われています。
メッセージを隠したり、履歴を表示したり。

キー操作で動作するようにするには、[event]を使用します。
[link][button]は対象をクリックしたときに移動しましたが、これは対象をクリックする代わりにキー操作や右クリックで移動します。

続きを読む→

1/2 [1] [2]