過去記事 > タグ: マクロ

マクロ

マクロって、WordやExcelにもありますが、なんか難しい感じですよね。知らない人にとっては、余計に「何ものですか、それは?」状態ではなかろうかと。

そんなに難しく考えなくても大丈夫です。よく似たことは、普段の生活でもたくさん使っていると思いますよ。
マクロのイメージは、よくやる作業を一つの指示にしてしまう、だと思います。
例えば、ご飯を食べ終わって、「食器を洗って、乾かして、きちんと片付けてね。それと、テーブルも拭いておいて」と毎回頼むのは面倒です。最初はきっちり指示を出しても、そのうち「後片付けお願いね」だけになってしまいます。この「後片付け」にさっきの長いのが全部入っているわけです。
こんな風に”少しの指示でたくさんのことを指示”してしまうのがマクロです。

続きを読む→

ページ末待ちマークの位置

初級編では、breakpageの画像を用意して、それが[p]タグで表示されます、という内容を書きました。
そのマークが表示されるのは、最後の文字の次の部分でした。

今回は、それを好きな場所に表示するようにする方法です。テキスト系サンプルでは右下に表示させました。

続きを読む→

暗転

暗転というよりは、画面をある一色で塗りつぶす、という方法です。
多いのは、暗転だと思いますが、白でも黄色でも何色でも。
ついでに、画像ファイルは使わない方法を。

自分が作る側に回るまで、暗転って全部消えているのだと思っていたのですが、そうしようと思うと大変なんですよね。

続きを読む→

マクロに値を持って行く

例えば[link]タグで、使いたい色がいつでも決まっている場合、なんかのお話です。
移動先は毎回違うので、すべてを一つのマクロにしてしまうわけにはいきません。
ですが、毎回長々と全ての色や下線の有無の指定をするのは面倒です。
そんなときに共通部分だけをマクロにまとめてしまう方法です。

続きを読む→

マクロに値を持って行く2

マクロに値を持って行く」からもう少し発展させます。

 
共通部分をマクロで指定してしまって、そうでない属性はマクロを使うときに書き込む、ということを行いましたが、もうちょっともうちょっと使えるようにしたいと思います。
[link]では色、音、下線を3つの場合それぞれで指定できました。
例えば、この色を「3つの場合で同じ色にしたい、でも選択肢ごとに違う色にしたい」という場合なんかに使える方法です。

続きを読む→

1/3 [1] [2] [3]