過去記事 > タグ: 文字

矩形を表示する

文字の下(奥)に矩形(長方形)を表示します。
簡易的なメッセージ枠ですね。

AIRNovel:

  1. [lay layer=bg fn=bg1 visible=true]
  2. [lay layer=mes b_top=10 b_left=10 b_width=620 b_height=460 b_color=0xff0000 b_alpha=0.3]
  3. 不透明度0.3[l][r]
  4. [lay layer=mes b_top=50 b_left=50 b_width=500 b_height=340 b_color=0xff0000 b_alpha=0.8]
  5. 不透明度0.8[l]

矩形の指定は2行目と4行目です。
1行目は背景があった方が不透明度がわかりやすいので。

続きを読む→

矩形を表示する

文字を表示させる後ろに矩形(くけい:長方形)を表示させてみましょう。

AIRNovelの文字用レイヤには文字の下(奥)に矩形を表示できる機能がついています。
指示を出すタグは、[lay]です。
レイヤに対する設定ですので。

AIRNovel:

  1. [lay layer="〜" b_top=〜 b_left=〜 b_width=〜 b_height=〜 b_color=〜 b_alpha=]

続きを読む→

ルビを振る。その1

行頭で漢字から始まる場合の漢字や、漢字以外の文字に続く漢字にルビを振る方法です。
多くの場合、ルビはこのパターンに振ることになるかと思います。

やり方は、すごく簡単です。
漢字《かんじ》
の様に、ルビを振りたい漢字のすぐ後ろでルビを《》で囲むだけです。
《》は二重鉤括弧です。≪≫とても小さい・とても大きい、ではありませんのでご注意を。

続きを読む→

カテゴリー: 中級 |  タグ: | 

ルビの設定

ルビの色、大きさ、親文字からの距離、揃えを設定することができます。

[lay]タグで指定します。layoutとか背景の矩形を指定した所で一緒に指定できます。

使用例:

AIRNovel:

  1. [lay layer=message r_color=0xffffff r_size=12 r_shift=r_align=center]

r_〜=というのがルビに関する設定です。
この使用例では初期値であると思われるものを入れてみました。

続きを読む→

ルビを振る。その2

今回は、その1ではルビを振れなかったものにルビを振ります。
どのようなものかと言うと、例えば「かぐや姫」に「月の人」とルビを振ったり、「安全地帯」の「全」にだけルビを振ります。

AIRNovel:

  1. かぐや姫《月の人》
  2. 安全《ぜん》地帯

上記の方法では、「かぐや姫」は「姫」にルビが振られますし、「安全地帯」には「安全」にルビが振られます。

続きを読む→

カテゴリー: 中級 |  タグ: |